平林寺逍遥

秋晴れの週末はするべき事としたい事が交差して、悶え悩む。
するべき事をしないと日常生活に不便が生じる。
したい事をしないとその後1週間(つまり、次の週末まで)後悔の日々を送る。

土日ともに晴れてくれれば、両立が可能だ。
仕事や日常のイライラモヤモヤを昇華させるには郊外散歩に限る。

新座市にある古刹平林寺は武蔵野の面影に触れることが出来る貴重な存在だ。
b0116883_11235990.jpg


紅葉にはまだ早いが、楽しむ視点が違うので、それが惜しいとは思わない。
b0116883_11263894.jpg


私が求めているのは心に残る原風景だから
何気ない道の佇まいが心に残る場合がある。
b0116883_11294780.jpg


薪小屋に秋の木漏れ日が加わることによって陰影濃き風景となる。
b0116883_11345577.jpg

b0116883_11351967.jpg


平林寺の魅力のひとつに広大な敷地林が挙げられる。
b0116883_11374591.jpg


東京近郊の平地の雑木林は片っ端から消え去っており、緑地保護や公園化でしか
生き残れない。
雑木林は人の手入れを必要とする二次林だ。
手入れされなくなった雑木林は藪化して心無い無責任な輩のゴミ投棄場と化してしまう。
b0116883_1146925.jpg


良質な郊外散歩をするためにはお金(入場料&駐車場代)が必要なのだ。
それで維持管理が続けられれば、それに越したことはない。
[PR]
by chiba_tomin | 2008-10-18 11:14 | お出かけ | Comments(0)

タイトルに別に意味はないよ。千葉都民になったからさ!


by chiba_tomin